生活保護費用だけでは、チョットだけ厳しいか?

生活保護のお金だけで暮らすのは、やはり厳しいものがあるのも事実です。でも時々訪問もありますので、ごまかすことはできませんよ。
MENU

生活保護費用だけでは、チョットだけ厳しいか?

くすり

生活保護費用だけでは、チョット厳しいかもしれません。10000円ぐらいは、自分でも稼ぐといいと思うのです。無職でもいいんですけど、無収入報告書というものの記入が必要です。今だと、家賃抜きで80000円ぐらいらしいです。生活保護費用がです。

 

身体障害者手帳があると、もう少し補助されるようですね。以前は、精神障害者手帳でもよかったのですが、今だと補助されていません。愛の手帳が交付されている人は、文句無いみたいです。いずれにしろ、精神科に行って、何故働けないのか?診断書が必要になります。
私も以前は生活保護でした。やはり、精神科に行っていました。心身共に健康な人は受給が難しいようですね。都営住宅に住んでいるといいとの話も聞きます。あるいは、風呂なしアパートです。だから、本当に無職だと辛い場合もあります。時々訪問もあります。無職だと、あまり留守には出来ません。旅行に行くというのも、難しくなります。だから、生活保護費用だけでは、厳しい目で見られることがあるみたいです。

 

親戚を調べる場合もあります。養うことができる人がいるなら、生活保護費用は出ません。お金がなくて生活に困ればいつでも支給される、という訳ではありません。無収入の人は、あまり贅沢出来ません。図書館で借りることになります。

 

無料バスが、支給されているみたいですけど。あまり留守には出来ません。一応、働いていた方が良いです。

このページの先頭へ